Instant † Church

好きなもの、大切なもの それ以外全て捨てて身軽にドラマティックに生きるのだ。

スマホからの脱却

スマホを見る時間を減らしたい。
一日スマホを見る時間を合計したらいったい何時間になっているのだろう。

ざっと考えただけでも

twitter
instagram
・LINE
・読んでいるブログの更新がないかチェック
ハロプロまとめサイトチェック
・zozotgownのusedでお気に入りに入れている商品が値下げしていないか、他人に購入されていないか
・月曜はGUのアプリで新作をチェックし
・火曜はユニクロのアプリで新作をチェックする
・金曜はGUとユニクロの広告をチェックする
・最近まではポケ森をやっていた
・気になることはすぐgoogleで調べる
・やることなくなったらyahooニュースを見てコメント欄に自分と同じ意見を言っている人たちが沢山いるのを見て安心する
・買い物してても買う前にその商品のレビューを(特に本)チェックする

 

末恐ろしい。そしてもはやこれは手癖になっている。

もしかしたら私はスマホ依存なのか?

 

本当に急に虚しくなって発狂しそうになるし、ただただ時間を浪費していく。

この時間があれば他に色々やれたのに!
勉強もできたし本も読めた、部屋の片付けもできたのに!
と後悔の念が生まれる。

スマホが無かったとき、お気に入りの雑誌や本を何度も読み直したり、
ある種の「スマホに依存することによる虚しさ」は感じていなかった。

 

なんか疲れた。だから私はやめたいのだ。

 

というわけでこんなアプリを入れてみました。

スマホをやめれば魚が育つ

スマホをやめれば魚が育つ

  • Takeshi Segawa
  • 教育
  • 無料

 

アプリ上で集中する時間を決め、
その時間内にスマホを触ると魚が育たなくなるというもの。
正直魚育てたい!!という気持ちは全然わかないんですが(可愛くないし)
これをすると「あ、やっぱやめとこ」ってなってまだ一度もスマホ触ってしまったことが無い。

デフォルトの集中時間が50分→休憩10分なのでそのままやってますが、
意外と50分触らなくても全然平気。

 

豊かな生活を送りたい。そして必要以上に外部の情報に勝手に心を乱されたくない。
というわけで継続してやってみます。

引き寄せ+断捨離でスルスル願いが叶い出す!

引き寄せの法則」と「断捨離」の組み合わせって最強!

引き寄せの法則のベースは、今の自分を満たし、波動を変えていくことにフォーカスしています。
・ありのままの自分を認める
・既に自分が持っている豊かさに目を向けて、同じ波動を持つものを引き寄せる
・なりたい自分を決める

 

対して、「断捨離」は、不要なガラクタを手放して、本当に好きな・必要なものだけを残す。
するとそこにスペースが生まれます。
そのスペースって凄くクリアなもの。
綺麗で透明な水のイメージ。

f:id:prettylikedrugs:20180117000121j:plain

自分を認め、良い気分を選択し、今ある豊かさを感じられるようになったとき、
引き寄せるために十分なスペースが空いていると、スルスルと願いが叶っていく気がするんです。
(自分が過ごす空間がモノで渋滞していると、引き寄せたものが来たくても順番待ちになってしまう)

 

だから、満たすと同じくらい、不要なものを手放す・やめるのって大事。

 

先日はGUとユニクロの要らなくなった服をGUリサイクルに出してきました。
(その場でポイントがたまります)

今ワコールでブラリサイクルもやっているので、明日は今週古くなった・合わないブラをリサイクルに出してきます!


さらに大きいものも処分したので、後日紹介しますね。

1月第2週目引き寄せ実験の効果は?+1月第3週目の引き寄せ実験

前回ブログに書いたとおり、1月第2週目から「引き寄せの法則」の効果を試す実験をしています!

先週はかなり色々なものを引き寄せた+自分の中で意識が変わってきました。

★1月2週目の実験の効果★

実験:引き寄せ体質になるレッスン①いつも口角を上げる!

普段誰よりも真顔というか、口角が下がり気味の私。
普段やっていないことを習慣化するには、見える化することが何より大事!
ということで、よく使うスマートフォンに目標を見える化する方法を採用。

f:id:prettylikedrugs:20180116011923j:plain

 

アイコンメモというアプリで、iphoneのアプリアイコン自体にメモができるものです。
これが本当によかった!

いつもiphoneを開くたびに「口角あげなきゃ!」って思い出せる。
これが癖になってきて、iphoneを開かなくても、口角のことをふと気にすることが増えました。
口角を上げると、良い気分になれることは確か。自然とルンルンになれます笑

 

★1月2週目に引き寄せたもの★

引き寄せたものは忘れずメモしてtwitterでもつぶやいていました。

・ 行き帰り電車に全く待たず乗れた
・友達がお勧めの美容院教えてくれた
ユニクロで欲しかったセーター3990円が何と790円に値下げ‼️母と私の分を購入。
・会社で食べ物いっぱいもらって晩御飯代浮いた
・西原愛香さんからフォロー&ライクが!

M1グランプリの予想が当たって抽選した当選した商品が届いた
・商品届けてくれたヤマトのお兄さんの笑顔が爽やかで朝から良い気分
バーレスクダンス2回連続行けてなかったのに、その分の振り付けを先生が丁寧に教えてくれた

・大学からの友達の出産
・ふらっと入ったアンティーク着物屋さんで超可愛い半幅帯を何と1000円でゲット
・久しぶりにデパート行ったらsee by chloeでお財布に一目惚れ。理想の小さめサイズ・収納たっぷりでしかもセールで30%off!

 

実質3日でこれだけの引き寄せ…!

これは嬉しいです。そして素直に受け取れた。

普段なら見過ごしそうなこともメモすることで喜びを2度3度楽しめます。

見返してにやにやすることも波動を上げるのにはとっても大事なことだし、

引き寄せって本当にあるんだ!だってこんなに引き寄せたじゃん!って自分の励みにもなります。

 


★1月の引き寄せ実験効果の進捗★1月の実験:ノートを書いて波動を整える

①「今ある豊かさに気付くノートを」書く

徐々に自分の「既にもっているもの」に目を向けられるようになってきました。
今まで人に対して「何でこうしてくれないの?」という変な期待や不足感を感じることがありましたが、
自分を大切にしてくれる周りの人たちや環境(家など)に感謝することが増えた。

不足の波動が満たされている波動に変わりつつあるかな♪


②「自分イイね!ノート」を書く

これを書くととってもワクワクする!小さなことでも達成感を感じられるようになってきたし、 自分のことを前より好きになれそう。
(今までは自分が「特別な人間じゃない」ってことに対するコンプレックスが強かった…)

この調子で自信と運をどんどん身に付けよう♪


★1月3週目の実験:丹田を意識する!

今週の実験は「丹田を意識する」です。
肩こりが激しくて姿勢も悪いので、姿勢を正して美しく見せたいと言うのもありますが(丹田を意識すると上半身の余分な力が抜けて姿勢が整うんです)、

服部みれいさんの『恋愛呼吸』にも書かれていた、丹田を意識して呼吸し、潜在意識をきれいにする呼吸法を思い出したから。

 

恋愛呼吸

恋愛呼吸

 

 

書籍も持っているので読み返したいと思います。


今週もいっぱい引き寄せるぞ!

引き寄せの実験始めます。★1月第2週目★

 11月に最近の引き寄せ効果が凄い!という記事を書きました。

prettylikedrugs.hatenablog.com

 この波に乗って、本に書いてあることを参考に、ちゃんと期間を決めてやることを設定してみたら、どれくらい自分の現実が変わるのか?どうしても試してみたくなってきたので、実験してみたいと思います!

凄くワクワクするから、このふと浮かんだ心の声を掴んでいきたい。

ちなみに今回の実験の参考書は上の記事でも紹介している西原愛香さんの『恋愛引き寄せノート』です。

1月の実験:ノートを書いて波動を整える

願いを叶いやすくするために引き寄せの土台「自己受容」を定着させるのが何よりも大切みたい。これをまずは1カ月かけてやっていきます!

①「今ある豊かさに気付くノートを」書く

毎日「ある」をみつけていく(=小さな幸せを集める)ノート。

無意識のうちに発している不足の波動を「今すでに満たされている波動」へ変えていくもの。

②「自分イイね!ノート」を書く

自分のいいところを見つけて書いていくノート。

ありのままの自分を愛することができるようになるもので、自信と運がどんどんついてくるそうです。

1月2週目の実験:引き寄せ体質になるレッスン①いつも口角を上げる!

上記の1カ月かけてやっていく2種類のノートに加えて、毎週小さな心掛けも設定してやっていきたいと思います。これも参考は『恋愛引き寄せノート』。

 

口角を上げるだけで脳が幸せだと勘違いするみたい。(作り笑いでもOK!)

理想は橋本環奈さんみたいな自然にきゅっと上がった口角。

これが癖になるようにまず今週意識してやってみます!

 

こうやって見える化して設定したので、ちゃんと実践して、効果の検証まで楽しんでやりたいと思います☆

#002:GIMME DANGER ギミー・デンジャー/パンクロックは哀しみを通過してブルースになる。【映画レビュー】

GIMME DANGER/監督:ジム・ジャームッシュ

www.youtube.com

※ネタバレなし

★★☆☆☆2.0

あらすじ

パンク界のカリスマ、イギー・ポップが属した The Stooges の歴史をたどる音楽ドキュメンタリー。デヴィッド・ボウイとのコラボレーションをはじめ、過激なサウンドやステージングでファンを魅了したバンドの軌跡を、イギーらメンバーのインタビューなどで紹介。

 

映画を見た直後だと、数々のシーンが色褪せない様に必死に脳内に思い浮かべて
やや分析気味にそのときの熱量を保存するかのように書き連ねることが多い様に思う。
ジム・ジャームッシュの『GIMME DANGER』については鑑賞後早2ヶ月が経とうとしているが、漸く今になってこの映画を思い起こして書いてみようとしている。

 

私にとってジム・ジャームッシュを観るのは3作目で、
1作目の『コーヒー・アンド・シガレッツ』は、私が最も愛するWhite Stripesを拝むためだけに、大学の頃深夜うとうとしながら観た。
2作目の『リミッツ・オブ・コントロール』は、当時好きだった男の子がツタヤで借りてきてくれて私の家で一緒に観た。(その子のことが好きすぎて終始どきどきしていたのにそれでも寝そうになった)
3作目が『GIMME DANGER』だ。これは映画館で見た。集中して。
2作が惰性で観ているものだから、ジャームッシュの映画はだらだら脇見ぐらいで観るものだと思っていて、『GIMME DANGER』を集中して観るのには骨が折れた。

 

この映画を観て私の中に残ったもの。それは、青春を過ごした友人たちが天国へと旅立ってしまう、その後に残された者の哀しさだった。
ロックがブルースになっていく様をイギーの中に見た。

イギー・ポップの存在はずっと知っていた。でも聴いたことが無かった。
例えるならVelvet Undergroundのバナナジャケは知っているけど聴いたことがない、みたいな感じだ。(因みに私はvelvet undergroundがめちゃくちゃに好きだ)
イギー・ポップの名前や写真におけるインパクトは曲を聴いたことが無いにも拘らずずっと私の中に残っていて、the stoogesのボーカリストだったことは恥ずかしながらこの映画で初めて知った。

 

決してコピーできない音楽ってあると思う。
誰がどうやったってオリジナルに届かない、学祭のコピーバンドなんかでやるとどれだけ上手く演奏しようが絶対にスベるバンド。
例えばSEX PISTOLSJOY DIVISION,Velvet Underground
the stoogesはまさに彼らしかできない、やっちゃいけないバンドなんだと映画を観てすぐに思った。
映画はイギー始めメンバーへのインタビューと当時の映像、ジャームッシュらしいモノクロでスタイリッシュな編集で流れていく。
時代は彼らと流れていく。ロッカーらしくむちゃくちゃなことをやって、暴れて転げまわって。
今では暴れまわるパフォーマンスは市民権を得ているが、
破壊的なロックを初めてやったのはstoogiesではないだろうか?

 

そして彼らが終わってからも、その影響を受けたロックバンドが時代を作っていく。
時代は流れていき、彼らは歳をとっていく。
メンバーの何人かが亡くなっている。そのことを語る彼らの目は哀しくもブルースを奏でていた。
冒頭のジャームッシュによるスタイリッシュな編集と対照に、老いた彼らの姿、その哀しい目はどうもスタイリッシュに編集できるようなものではなかった。(よって星2つ)
それは彼らが復活してもそうだ。
バンドの復活、栄光を見ているのか、新たに何か成し遂げたいのか、
それとも天国へと旅立っていく友人への弔いなのか。

イギーはなぜ「俺の映画を撮ってくれ」と言ったのだろう?

#001:エンドレス・ポエトリー/その存在は、完全なる光。心が高揚し、血が躍るのを感じる。映画は、人生を変える。【映画レビュー】

エンドレス・ポエトリー/監督:アレハンドロ・ホドロフスキー


「エンドレス・ポエトリー」予告編

 ※ネタバレほぼなし

★★★★★5.0

あらすじ

舞台は故郷トコピージャから首都サンティアゴへ。父親との軋轢や自身の葛藤を抱えたホドロフスキーは、初めての恋や友情、古い規則や制約に縛られない若きアーティストたちとの出会いと交流を経て、囚われた檻から解放され詩人としての自己を確立する。


今作品は全編を通じて、詩的に自由に生きることへのホドロフスキーの完全な肯定に溢れている。

私はアレハンドロ・ホドロフスキーが大好きだ。ホドロフスキーが私が自分を解放して生きることを肯定してくれる。こんなに嬉しいことがあるだろうか。

 

映画を観て数日経つが、未だに映画のことが頭から離れない。仕事も手につかない。

こんな感覚は大学時代、神戸元町にできた小さな映画館でホドロフスキーの『ホーリー・マウンテン』を観て以来のことだ。

こんなに素晴らしい芸術があるなんて。

今まで映画は好きで結構観てきたけど、こんなに心が動いたことをどうしても書きとめておきたくて、初めてレビューを書くことにした。

 

若きアーティストやステジャ・ディアスとの出会い、行動する詩人としての活動。家の消失と自己の完全なる開放。生きることへの恐怖。
悩み苦しむとき、未来の自分(ホドロフスキー自身)が現れ、前を向けと過去の自分を鼓舞する。

 

映画を観終わった直後は、ラストの死と生が共鳴するカーニバルのシーンが頭から離れなかった。

次の日からホドロフスキーのメッセージが反響するようになった。

「生きろ! 生きろ! 生きろ!」と。

 

私は子供のころから芸術を作ることが好きだった。

でもいつの間にか世間に触れ、抑圧されることで、子供の頃何にも恐れることなく否定することなく持っていた自分の芸術を「世間体」で批判し、いつの間にか捨ててしまった。

自分を抑制しているのは自分だということに気づいたときにはもう遅かった。

才能は30を手前にして開花させるには遅すぎる。そんな絶望を抱えていた。

だけど、そんなときにこの映画を観ることができて本当に救われた。

今後私が今の地位を全て捨て、後悔することがあっても、この作品が必ず助けてくれると思った。

この映画こそが私の行く道を照らしてくれるんだと確信した。

生きろとホドロフスキーが鼓舞してくれるから。

その存在は完全なる光だから。

燃え盛る蝶のように、真の自分を見つけるんだ。

最近の引き寄せ効果

 

11月から引き寄せが続いています。

引き寄せの法則に関する書籍は昔からちょくちょく読んでいて、

はまったり、「全然効果ないやん、やめよ」ってなったり。
10月に西原愛香さんの『恋愛引き寄せノート』という本を読んでから
ゆるゆると続けようかなという気になってきて、
「自分の本音に従う」という項目だけ最近は意識してやってました。

恋愛引き寄せノート 「でも」「だって」が口グセだった私が変われた!

恋愛引き寄せノート 「でも」「だって」が口グセだった私が変われた!

 

 
※自分の本音に従うとは…
日常の小さな選択を本気で自分の本音に問いかけて、やりたいことだけやる!というもの
例えば

・コンビニで買うお弁当を真剣に選ぶ。(値段関係なかったらどれを選ぶか?)
・今日ヨガ何となく行きたくないなって思ったら、もったいないと思わず、思い切って行かない! など

このことが実を結んだのか、11月から、「明らかに私引き寄せてる!」と思うことが増えてきました。
引き寄せたことはスケジュール帳にメモして、気分を上げてます。

 

11月から引き寄せたものたち

理系院卒の恋人ができた

今年始めに「今年は理系院卒男子の彼氏を作る!」と本気で決めていました。
そして夏頃に趣味が完全に一緒!の理系院卒男子(しかも同い年!)と出会い、11月はじめに告白されて付き合うことになりました。
しかもここまで音楽・映画・美術の趣味が合う人っているんや…という衝撃。
これで「決めたことってほんとに叶う!」と確信し、引き寄せに対するモチベーションがアップ。

 

食べてみたかった食パンが軒並み半額に

これは些細なことですが笑、食べてみたいけど高いな~と思って買えていなかったちょっと変わった食パンが、4種類ほど軒並み半額に!これは一人暮らしには非常にありがたい。
食パンは賞味期限内に消費できず毎回冷凍するので、賞味期限近くても全然問題なし。

 

ベリーダンスバーレスクの新しい先生がとてもいい!

これは後日ブログで詳しく書こうかな。人間関係ががらっと変わるのは、自分が次のステージに行ける証拠!わくわくする。

 

M-1グランプリ3連単が当たるり、抽選でのプレゼントにも当選

今年も楽しみにしていたM-1グランプリ、敗者復活から全部見て、敗者復活投票もしました。
去年はここまでで、1~3位を当てる3連単はやってなかったのですが、今年は何となくやってみようかなと思って投票したところ、なんと的中!!!(ちなみにこれ当てる確立は1/720!)
さらに的中した人の中から抽選で当たるプレゼントにも即日当選しました。
ファミチキどん兵衛1か月分。どっちも大好きやから嬉しすぎる…!

 

大事なのは、自分が「今引き寄せてるな」「最近運良いな」って思うこと。

そういうポジティブな気持ちが、さらに良いことを引き寄せているなと感じます。

引き寄せたものをメモすることもすごく大事!可視化することで、運の良さを感じられてハッピーな気持ちになれます。